ブログトップ

STOFC_FUKUOKA副長私的記録

farpointq.exblog.jp

STAR TREK スターシップコレクション「リライアント」

 映画「カーンの逆襲」公開当時、宇宙鑑としてのデザインではそれまでナセルは上向きだったのが下になり斬新だと思いました。(製作秘話で本来は上向きナセルでデザインしたものを逆さまに認識され採用となったのを知り、「なあんだあ」と思いましたけど)
e0016003_13031157.jpg
e0016003_13031222.jpg
e0016003_13031423.jpg

 リライアントやサラトガ等のミランダ級は第2船体がないタイプでエンジンの配置が居住区に隣接しているためディファイアントと同じく安全性に問題があると思えます。しかしながら、世紀をまたいで使用されてきたのはそれなりに理由があったでしょうね。
e0016003_13031586.jpg
e0016003_13031763.jpg

 大型艦にあるような大きなディフレクタ―を持っていないのにどうやって前方の障害物を除去しつつ航行するのか?よく似たアキラ級にはディフレクタ―があります。
[PR]
by moritake_st_no1 | 2015-07-29 13:02 | Star Trek
<< S.I.C:仮面ライダーV3 天地真理のしまい込んでた懐かし... >>