ブログトップ

STOFC_FUKUOKA副長私的記録

farpointq.exblog.jp

カテゴリ:聖戦士ダンバイン( 1 )

聖戦士ダンバイン・トッドバージョン(竹谷隆之原型制作)ゲット!

 独特の世界観で私を虜にした「聖戦士ダンバイン」今でも色あせることはありません。
e0016003_13173883.jpg
中世ヨーロッパに似た異世界「バイストン・ウェル」の設定、劇中に登場するマシン「オーラバトラー」の昆虫と騎士の甲冑を融合させたような生物的デザインがいままでにない斬新さでとてもいいです。
 「スタジオぬえ」の宮武一貴氏が手がけるメカデザインは足下が末広がりになっていて、ラインが入ったものが多かったように覚えています。勇者ライディーン、グレンダイザー、コンバトラーV、ボルテスV、オーガスなど。有機的に見えるデザインもそうです。映画版999のアルカディア号の先端部分のデザインやマクロスのブリタイ艦等々。このダンバインではまさにオーラマシンが有機的なマシンとして存在していたのでぴったりだったとおもいます。ダンバイン、ダーナ・オシー、ドラムロは宮武デザインだなあと思います。
 
e0016003_15145414.jpg
ダーナ・オシー
e0016003_15151474.jpg
ドラムロ

ダンバインの初期の設定後に超時空世紀オーガスの仕事をメインするために降板されたのは残念でした。
飛行型オーラ・マシン「オーラ・ボム」が登場したときに
e0016003_15185698.jpg
「勇者ライディーン」に登場する妖魔帝国の妖魔獣ドローンを思い起こした人が多いと思います。
これだけはもう少しデザインを変えるべきだったと思います。
 この当時はサンライズ作品のキャラクターデザインを湖川 友謙氏が担当していたのも良かったと思います。

アニメ作品の方も全話もっています。また、フィギュアのコレクションも多数ありますし、バックグランドで流れる音楽がこの作品の雰囲気をより良くしていると思います。できれば劇場版でリメイクしていただきたい作品です。新作ではなくてリマスター版としてです。ガンダムのジオリジンのように。
以前、ダンバインのフィギュアを紹介UPしましたが、レアものが手に入りました。
e0016003_15235417.jpg
e0016003_15241740.jpg
e0016003_15244542.jpg
e0016003_15252102.jpg
通常版のダンバインとパッケージの色も違います。ただ、頭部の別バージョンパーツが入っていません。
e0016003_15280141.jpg
並べてみて観ると色が違うだけです。見た目のイメージは随分と違います。
e0016003_15290093.jpg
e0016003_15291562.jpg
以前、ゲドの換装版のダンバイン(茶色)をアップしていたのでそちらと比べてみても面白いと思います。


[PR]
by moritake_st_no1 | 2014-06-21 15:32 | 聖戦士ダンバイン