ブログトップ

STOFC_FUKUOKA副長私的記録

farpointq.exblog.jp

<   2004年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

浪漫堂のSTフィギュア第2弾発売!!そしてゲット!!!!

先日、STOFC福岡のレギュラーメンバーであるSASAKI機関部長からメールに「浪漫堂のSTフィギュアをトイザラスで発見、購入という文字がならんでいました。今日、仕事帰りにトイザラスのホークスタウン店に直行!
ありました。(^^)Vいえいです。しかしながら、全種ある訳ではないので、店員さんに尋ねたら「倉庫を見てきます。」のことばでした。出てきたのは、12入りの箱でした。今回のパッケージは中身が確認できるようになっていて、この1ダース入りの箱で12種類を一度に手に入れることができました。
e0016003_064886.jpg
e0016003_2315334.jpg

箱買いをするとこんな感じです。
e0016003_232489.jpg

単品のパッケージです。小型のブリスターパックといった感じです。
e0016003_075086.jpg

裏面には、第2弾の全てのパッケージが載ってます。

e0016003_081425.jpg

e0016003_010936.jpg

e0016003_0102063.jpg

e0016003_0103497.jpg

e0016003_0105682.jpg

e0016003_0111057.jpg

2004.11.30
[PR]
by moritake_st_no1 | 2004-11-30 22:59 | Star Trek

STAR TREK「ジェネレーションズ」DVDを堪能しました。

先日予約をしていた 「ジェネレーションズ」(ST7)のDVDが手元にきました。
e0016003_22341937.jpg

昨晩、日本語吹き替え版で鑑賞をしました。今回のDVDの為に吹き替えをやり直したそうです。どこがどうかわったのかと思い、よ〜く聞いていましたが 会話がスムーズに聞こえるような言い回しや付け加えがされているように感じました。以前の吹き替え版も持っているのでもっと比較をした方がいいと思いますが、主観的に見てそう思いました。みなさんはいかがでしょうか。

特典映像がまた、たまらない!!!
今回のDVD2枚組には、うれしい特典映像がついていました。
DISC2に納められている「スタートレックの世界」です。
<マット・ジェフリーズに捧ぐ>というタイトルで、エンタープライズ号のデザイン秘話や彼の仕事ぶりや、彼が影響を与えたマイケル・オクダ等のインタビューが紹介されていますが、テレビ業界よりも
NASAや航空機関連会社、国防総省などの中にマットのデザインコンセプトに影響を受けた人が多いことに驚くと共に、広範囲に「スタートレック」が影響を与えていることに改めて感心しました。
<エンタープライズの結びつき>では、歴代のエンタープライズの話や、「エンタープライズ」という艦名にどうしてしたのかのなどが語られていて、これも結構見応えがありました。

「削除シーン」では、小説版には描かれていた、軌道ダイビングをするカーク船長のシーンともう一つのエンディングがあり興味深く鑑賞しました。もう一つのエンディングは、リック・バーマンが没にした理由がなんとなくわかるようなきがしました。それにしてもカーク船長を殺してしまうことには変わりがなく、もっと別の結末があっても良かったのではと感じています。(ウイリアム・シャトナーが小説で描いたような結末でもなくて…)
晩秋の夜の静かな時間を過ごすにはいい作品ですので、もう一度観ようと思っています。
ちなみに、「ジェネレーションズ」はお気に入りの作品です。
(*^。^*)

2004.11.29
[PR]
by moritake_st_no1 | 2004-11-29 22:31 | Star Trek

アートアサイラムのTOSフィギュア第3弾

しばらくHPの更新をしていない間に、世間ではいろいろなことがあっていましたね。
バンダイ版「ヴォイジャー」が来月発売になるようですが、インターネットの回線をADSLへ移行したり、ホームページ作成のソフトを変更したりと出費が重なり資金繰りが難しく今回は購入を断念しました。しかしながら「ジェネレーションズ」のDVDは予約をしていたので購入予定です。そうこうしていると、アートアサイラム社からTOSフィギュアの第3弾が発表になっていてびっくり。
e0016003_1431937.jpg

e0016003_144693.jpg

e0016003_1441517.jpg

今回は、ノーマルユニフォーム(黄色)のカーク船長に、クリンゴン人、ゴーン人、オリオンの踊り子そしてダメージをうけたカーク船長のようです。上記左がサンディエゴ・コンベンションで発売された限定版のカーク船長です。真ん中は今回発売になるカーク船長ですが、左の中身と同じもののようです。パッケージが限定版は紙箱ですが、今回のものは、ブリスターパックです。フィギュアそのものは同じのようですね。
これで、ノーマルユニフォームのTOSメインクルーがそろいます。ジェニーやチャペルは発売になるのでしょうか。
コンベンションでは、鏡像世界のスコットが限定版として発売されていますので、鏡像世界のマッコイやウラ中尉も登場するのかもしれません。右はクリンゴン人のコルです。カーンにコロスも出してくれるとうれしいですね。ロミュラン人やアンドリア人もTOS版で出していただくとさらにいいですね。

2004.11.14
[PR]
by moritake_st_no1 | 2004-11-14 22:02 | Star Trek