ブログトップ

STOFC_FUKUOKA副長私的記録

farpointq.exblog.jp

命を考える

今日の夜のニュースでの特集。
「年間30万頭の犬や猫が殺処分されている現実とそれを変えようという試みを取材しました。」
というタイトルで特集がはじまる。ペットとの生活について考えるないようだ。年間30万頭の犬や猫が殺処分されている現実と、それを変えようという試み。動物愛護センターの取り組みだが、熊本市のそれは基本的に命を守るという観点で取り組んでおられるようだ。新しい飼い主が現れるまで生かす。ということ。命の尊さからすれば至極当然のことだが、日本中のほとんどの所では、簡単に飼うことができなくなったので捨ててしまうケースが多いようだ。衝撃的だったのは、特別に撮影が許された颯処分の現場だった。哀しそうな目をした犬たちが、ゲージから専用通路へと誘導され小さな部屋に入る。分厚い扉を閉められて、ガラス窓越しに今から行われることがわかっているかのような不安な眼差しでこちらをみている。そんな中、係の方が二酸化炭素のバルブのスイッチを開け、モニターにはパニックになる犬たちの映像、そしてだんだんと動かなくなる。
ナレーションは、「収容期間は自治体によって異なるが、飼育放棄の犬は、短いところでは1日以内。
大半は引き取り手もなく、殺処分される。年間31万匹の犬猫が殺処分されている。
ペットブームの裏側にある現実。殺処分は毎日のように、日本のどこかの動物愛護センターで行われている。」
とてもショックだった。動物愛護センターの方が悪いのではない。考えなしに安易にペットを飼うことに、疑問を持たない大人の責任だと思う。飼うことができなければ捨てればいい。「命」の重さがまったくないということだろう。自分も小鳥や猫、金魚などを飼ったことがあるが途中で投げ出して捨ててしまったことは一度もない。
家族と思い一緒に生活をしていたので、その短い命の終わり、「死」に直面し涙したものだ。「命」は限りがある、尊いものだということを学ぶこともできた。今では自宅にペットは一匹もいない。いい加減な気持ちでは、新たに飼う気持ちにならない。数年前までは、熱帯魚を水槽で飼っていた。とても親身になり、水替えに水草を新しくしたりと気を遣ったものだった。
犬の颯処分の場面は、ドイツのアウシュビッツで人間が人間に行った行為と同じだと感じた。感じた自分があるが、だから何ができるなというと何もできない自分がいて腹立たしい限りだ。今の家では動物は飼えない。
年間30万頭もの命が「飼うことができないので、しかたがない」という理由で「処分」されている現実にもっと目を向けないといけないようだ。
ペットを飼っておられる方々、くれぐれもペットはおもちゃではありません。友、家族として一生を共に過ごしてほしいと願います。
[PR]
by moritake_st_no1 | 2009-09-24 01:12 | 一般
<< そういえば先週、HTVが… スペースシャトル打ち上げ成功! >>