ブログトップ

STOFC_FUKUOKA副長私的記録

farpointq.exblog.jp

そういえば先週、HTVが…

連休、シルバーウイークが終わります。
忘れていたわけではありませんが、ついつい近未来宇宙もの再放送の「プラテネス」を見ていて、本物の日本の実験機「HTV]の活躍を見忘れていました。
先週、日本時間18日午前10時49分、日本の宇宙ステーション補給機(HTV)の技術実証機が、国際宇宙ステーション(ISS)に、ステーションのロボットアームを使ってのドッキングに無事成功成功した。
無人機ではありますが、アメリカのスペースシャトルにかわる国際宇宙ステーションへの支援ができるものをつくることがでたようです。まだ、ステーションでの任務を終えて地球へ帰還するというミッションが残っています。これを無事に終了しないと成功とは言えないでしょう。それでも、なんか嬉しいニュースです。いずれはこの無人機が有人機としてステーションと往復できるものへと進化していくのでしょう。見守りたいと思います。
宇宙旅行が数千万円という時代になり、高値の者ですが現実味のあるものとなってきました。私は宇宙に行きたくても実現する頃には高齢者となっていて、お金があったとしても地球の引力に逆らい宇宙に飛び出す力に耐えられる体ではないと思います。自分の子どもたち宇宙から地球を見ることできる時代になるのだろうと思っています。20年後くらいには、火星に友人宇宙船が調査にいける時代になっているのではと思っています。
その前に地球が温暖化や紛争、食糧難で自滅していないことを願います。
[PR]
by moritake_st_no1 | 2009-09-24 02:09 | 宇宙
<< STFC福岡10月交流会終了 命を考える >>