ブログトップ

STOFC_FUKUOKA副長私的記録

farpointq.exblog.jp

アップルの新製品、iPadが発表されました。

アップルの新製品、iPad が発表されました。スタートレックでおなじみの「パッド」を名前に (スタートレックの中ではPADD と綴りますが)。
アップルのサイトでは、発表会の映像を観ることができます。そのサイズは使用している様子は、まさにスタートレック世界のPADDそのものです。21世紀初頭に、もっと未来で使用するであろう代物を現実に目にすることができるとは思いませんでした。
また、その発表会では、映画ST11の映像が何度となく使用されていて、新しいものにスタートレックが関わっているのは非常に嬉しいかぎりです。スタートレック映画の次回作では、劇中でIPadが使用されたらいいですね。そうすると現実とフィクションがクロスオーバーして、未来がスタートレックの世界のように「明るい未来」が待ち受けていてほしいものです。

日本のネットニュースでは、なにか勘違いをしている記事を見かけてしまいました。iPadがが、電子書籍端末のごとく報道されています。sonyの、それと比べてしかたがないのになあと思います。ちゃんと発表の中身をみて記事を書いて欲しい物です。

電子書籍端末というのは、iPadの、一機能にしか過ぎないのは、一目瞭然ではないでしょうか?

また、ある方はiPhoneの大きいサイズと思っているようで、大きいとかえってじゃまになるのではと思われてますね。ネットブックの方が良いそうです。win派の方々にとっては、アップルのマシンはおしゃれをするためのアクセサリーのようなもので仕事には使えないものとでも思っていらっしゃるようですね。

iPadは、ディスプレイにキーボードソフトを出して文章を打ったり、ペイントソフトを指で操作し指筆(表現が微妙!!)で電子ペーパー上に作画ができたりできるすぐれものになっていると思われます。あえてmacOSを使わないのは立ち上がりがスムースなiPhoneのソフトにしたのだと思います。日本語版の実物に早くお目にかかりたいと思います。


[アップル - iPad発表]
http://www.apple.com/jp/ipad/
[PR]
by moritake_st_no1 | 2010-01-28 23:57 | Mac
<< スター・トレック公式ファンクラ... 12月交流会のレポート >>