ブログトップ

STOFC_FUKUOKA副長私的記録

farpointq.exblog.jp

5月3日は、恒例の杖立温泉

毎年の恒例行事になっている杖立温泉へのドライブ。
今回は、実家の母と娘、息子の4人でのドライブでした。妻はパートで一緒に行けず残念でした。この杖立温泉へのドライブは、かれこれもう15年は続いています。川に鯉のぼりが沢山泳いでいる様がとても綺麗で行き始めたのきっかけです。父が亡くなっても家族の恒例行事となっています。また、杖立温泉と言えば「ひぜんや」が大きくて有名な宿ですが、家族で最初のドライブの時に、入湯した「泉屋」さんを利用するのも恒例になっています。なんてないお風呂なんですが、定番になっていると「この風呂に入らないと、杖立に来た気分になりません。このお風呂と川の上で風に泳ぐ鯉のぼりを見ると、多分、父と一緒にドライブしたことを、思い出すからだと思います。また、忘れないためにも、ここへ来ているのだと思います。
高速道路を使うことなく、実家がある三潴から八女を通り、中津江をとおり杖立へとドライブすると、車窓から見える緑に満ちた景色は、都会で暮らす私や子どもたちには、ほっとする風景です。今回は、杖立へと向う途中で、道を間違えてしまいましたが、偶然「坂本善三美術館」を見つけました。昼食を美術館の駐車場でとると、彼の作品を鑑賞することができました。大学時代には、坂本先生の話は抗議で聞くことができましたが、こうして坂本先生個人の作品だけを、山間の静かなところで、それも、古い民家を移築改装した美術館で鑑賞できたことはとてもラッキーだったと思います。また、尋ねたいと思います。
[PR]
by moritake_st_no1 | 2007-05-04 21:03 | 一般
<< CANONのスキャナーで古い写... mac周辺機器を整備 >>