ブログトップ

STOFC_FUKUOKA副長私的記録

farpointq.exblog.jp

アメリカの探査機が火星に着陸成功!!!

 アメリカ航空宇宙局(NASA)は米東部時間25日午後7時53分ごろ(日本時間26日午前8時53分)、2007年8月に打ち上げられた火星探査機「フェニックス」が6億7900万キロを旅し、火星の北極付近への軟着陸に無事成功したのを確認しました。着陸地点は北緯67度で、これまでで最も高緯度です。
e0016003_12294319.jpg

「フェニックス」の着陸イメージ映像(ネット上より)

 火星着陸成功は、04年の探査車「オポチュニティー」以来ですが、噴射による着陸は、1976年の「バイキング2号」以来です。32年ぶりとなる噴射による着陸成功です。「オポチュニティー」の際は、エアバッグで衝撃を吸収する方式でしたが、「フェニックス」は搭載機器が重いため、エアバッグを詰めなかったようです。火星着陸は、超高速で大気圏に突入するため非常に難しく、これまで着陸を試みた世界の探査機13機のうち、成功したのは5機しかないとのこと。無人機をコントロールすること、それも遠い宇宙の彼方で正確に行うことの難しさを感じます。このノウハウが友人火星探査や他の惑星探査や地球上での活動に生かされることと思います。
 今回のミッションは3ヶ月間の予定です。長さ約2.3メートルのロボットアームで地面の掘削をし、地表近くにあるとみられている氷の直接確認と採取に挑むほか、土壌と共に分析し、生命の存在の前提となる有機物の確認を目指すようです。過去の探査で、太古の火星には大量の水があったことや、現在も極地付近の地表近くには大量の氷が存在することが確認されているので、直接確認でデータ解析、分析が実証されることと思います。採取した氷が凍りついたまま地球に持ち帰ることができるとはおもいませんが、その成分(水)が地球へ持ち帰ることができるといいですね。
 関連記事を読んでいて、驚いたのは、着陸が成功し太陽電池パネルが展開した様子を上空を周回する探査機「マーズ・オデッセイ」が中継して地球へ送ったということです。
 火星上空で活動する探査衛星がいて、地上で活動する探査機がいる。無人の火星でひたすら活動する機械のすがたを想像すると少し怖い気もします。その様を見ている火星人がいたらどう感じるのでしょうね。(火星人がいるわけないからバカバカしいことを書くなといわれればそれまでですが、アシモフの「火星年代記」をちょっと思い出してみました。これから何年か後に有人探査が行われたときに、何かかがあったら…。

なんてことを思いながら、地球温暖化のために消えゆく北極圏の氷河、氷山のドキュメンタリー番組を見た昨晩でした。
[PR]
by moritake_st_no1 | 2008-05-26 12:31 | 宇宙
<< 「宇宙軍大元帥」野田昌宏氏 逝去 かぐやがアポロの痕跡発見! >>