ブログトップ

STOFC_FUKUOKA副長私的記録

farpointq.exblog.jp

「宇宙軍大元帥」野田昌宏氏 逝去

「スターウォーズ」「キャプテン・フューチャー」「スターウルフ」「ジェイムスン教授」「銀河辺境」等、海外SF小説の翻訳家で、SF作家、「ひらけ!ポンキッキ」などを手がけた制作会社「日本テレワーク」元社長の野田昌宏(本名・宏一郎)さんが、2008年6月6日午前6時15分、肺炎のため東京都大田区の病院で亡くなりました。1933年8月18日福岡市生まれ。74歳でした。

 日本のSFファンの代表的存在として「宇宙軍大元帥」のニックネームで親しまれた方でした。以前、名古屋での日本SF大会に参加したときに会場で見かけましたが、とても気さくな方だと感じました。

 日本SF大会の参加者投票により毎年選出される「星雲賞」では、日本短編部門を1度、ノンフィクション部門を4度受賞(海外短編部門では翻訳した作品が2度受賞)。

 TVプロデューサーとしても活躍し、「ちびっこのどじまん」「ひらけ!ポンキッキ」や「料理の鉄人」、「クイズ・ミリオネア」等の人気番組を手掛けました。『ポンキッキ』のキャラクター「ガチャピン」のモデルになったことでも有名です。

 6月末、創元社より、野田氏が自ら書いた幻の〈キャプテン・フューチャー〉シリーズ作品『風前の灯! 冥王星ドーム都市』が発売予定でしたが、発刊を待たずに他界されました。残念です。

やすらかにお眠りください。
[PR]
by moritake_st_no1 | 2008-06-10 01:10 | S F
<< STFC福岡08年6月交流会 終了 アメリカの探査機が火星に着陸成... >>