ブログトップ

STOFC_FUKUOKA副長私的記録

farpointq.exblog.jp

2005年 11月 05日 ( 1 )

中国の有人月面探査

中国、2017年ごろに有人月面探査へ=新聞 [ 11月04日 21時47分 ]

11月4日、北京 ロイター紙によると、中国が2017年ごろまでの有人月面探査を目指していることが判明したようです。
 先月、2人の宇宙飛行士が有人宇宙船「神舟6号」で5日間にわたる地球周回軌道の飛行に成功したばかりですが、中国は今後、宇宙ステーション建設と有人月面探査を視野に入れつつ、「神舟10号」まで宇宙船の開発を継続させるということらしいです。
 中国のパワーを感じますが、国内の貧富の格差がどんどん開いていくなかで、日本でさえもここまで資金をつぎ込むことができないでいるのに、宇宙開発へ多額の国費をつぎ込む姿は、あまり凄いと思えないでいます。国威高揚、中国国民が一つになれるシンボルとしての宇宙開発ではと、どこかの番組では言っていましたが、そう思えてしまうところはありますね。

 さらに中国の宇宙開発計画では、月面に天体望遠鏡を設置し、月面に存在するヘリウム3の量を測定するプロジェクトも含まれているということです。ヘリウム3は、一部の科学者たちの間では、無公害のエネルギー源と期待されているものらしいです。
 中国がどう思っているのかは判りませんが、できれば自前で宇宙ステーションを建設するのではなく、アメリカ、ロシア、日本、EU等と連携して共同で宇宙開発にあたることができれば嬉しいなあと思っています。
[PR]
by moritake_st_no1 | 2005-11-05 01:07 | 宇宙